しじま

大学でガラス工芸を勉強していたゆえに、押し入れはたくさんのガラス材料で溢れています。

行き場の無いガラスのかけらたち。

窯にいれて素敵な雑貨に変化させたい。

Shijimaはガラスのかけらを6畳間から届けてゆく私の小さなプロジェクトです。

ゆっくりと動き出します。